グループ分け(初期荷重付き)

人数の多いクラスでグループワークを行う場合、グループ分けの作業は結構面倒です。 そうた際の手間を減らすため、グループの数、授業の回数を設定すると、自動的にランダムに振り分けるツールを作成してみました。

グループには1から順に番号が割り当てられて、リストの中でそれぞれのグループの最初と二番目に現れるメンバーとなる回数は、 授業全体を通して、できるだけ均等になるようになっています。 つまり、各グループのリストの最初の学生を「リーダー」や「ホスト役」に割り当てた場合の負担ができるだけ平等になるように計算されています。

このページの版では、左側の欄の各行に、名前と初期荷重を指定するようになっています。2つの項目はタブで区切ります。 初期荷重として、「リーダー役」をすでに1回務めたメンバーは3、「サブリーダー役」には1、その他は0を割り当てることで、 グループ分けにあたって、そのメンバーは「リーダー(サブリーダー)」を数値の分だけ免除することができます。 何らかの理由で、メンバーの負担率を調整する必要のある場合に、この機能を使うことができます。

左側の枠に氏名や学籍番号と初期荷重のリスト(ひとり1行ずつ、タブ区切り)をコピー&ペーストしておきます。

画面下のグループ分けボタンを押すと、右側の枠内に氏名(学生番号)とグループ番号が出力されます。 ボタンを押すたびに結果は変わります。

アスタリスク(**と*)はグループのリーダー等を役割を割り当てる際の目安で、複数回の授業を実施した場合、できるだけ負担が公平になるよう計算されています。

グループ分けの結果は、右側の枠内をコピーして、表計算ソフトにペーストし直してお使いください。

保存するボタンを押して、右側の枠内をファイルとして「ダウンロード」することもできます。

名前と初期荷重(一行ひとり、タブ区切り) グループ分けの結果(タブ区切り)
評価値=

上に表示される「評価値」が小さいほど、グループ分けがうまくいっていることを示しています。

データは全てブラウザ上で処理されます。サーバーにアップロードされることはありません。
このツールを使って生じたいかなる結果に対しても作者は責任を負うものではありません。 各自の責任においてお使いください。